数々の難関

字を練習する子供の手

近年、声優人気が高まっています。そして声優も顔を出して活動するようになり、タレント化してきました。そのため、メディアで接するようになった人が、憧れを抱くようになる点も、人気を後押ししています。声優になるには、多くは専門学校や養成所に通って基本技能を学ぶこととなります。そして、卒業後オーディションを受けることで、実際に活動していくこととなります。ただし、養成所では、卒業できる人数が少なく、卒業して養成所の所属になれるのは一握りです。そのため、入ることは簡単ですが、実際に声優として活躍するまでには、かなりの難関を乗り越えていかなくてはなりません。このように厳しい業界ですが、声優人気は高まりを見せており、今後もしばらくは続くと予測されます。

声優になるには前述のように、たくさんの難関を乗り越えていかなくてはなりません。そこで重要になってくるのは、あきらめないということです。そう聞くと根性論だと思われるかもしれません。しかし、実際に養成所に通っている人の大半は、途中であきらめて辞めてしまう人が多いのです。注意しなければならないのは、このように途中であきらめているようでは、絶対に声優になれないということです。最低限卒業すれば、一応スタートラインにはたてます。失敗するかどうかは後からの評価次第です。しかし、途中であきらめるということはそれにすら立てないのです。ただでさえ厳しい業界ですから、チャレンジするのであれば、あきらめない気持ちを大切にするべきなのです。